上手って何だろう?

【長文ご了承を】
久々にmanatoとお風呂へ

manato「美術部辞めようかな〜?」

父「えっ!?何で?何かやりたいことあるん?」

確かに入部してから骨折+車椅子生活でクラブへほとんど行けず・・・

manato「家庭科クラブへ入ろうと思って〜」

父「manatoは料理好きやし、将来役に立つし良いんちがう!」

本当に将来的に役立つし良いと考えてる。

父「でも、何でなん?」

manato「manato上手に出来るのがいいねん」

父「manatoの絵 確かに子供っぽいけど、想いが伝わって良いやん!」

manato+父「上手って何やろ?」

父「見た物をそのまま絵などで表現出来る事は凄い事やし絵が上手いと思うよ。」
「でもそれは、他人が創造した物を書き写しているだけ、自分の考えている事をわかりやすく表現出来る方が素晴らしい事ちがうかな?!」
と、何か哲学的な話になる。

manato「ほ〜 そやな」

っと、そそくさ風呂を上がる・・・

何か大事な事に気付かされたと思いつつも、一人寂しく湯船に浸かる父・・・

その後アップしたくなった写真


僕が写真を始めるキッカケになった一枚
(当時 ガラケーで撮った写真なんですが・・・(⌒-⌒; ) )
この写真好きなんです!!

「子供の泣いている顔を撮って可哀想」って、思う方もいるかも知れないのですが、僕にとっては「難病と向き合って治療を頑張っている姿を残したい!」
「誇らしい我が子の姿を見て欲しい!」っていう想い!!

表現する事の大切さと難しさを考えさせられる風呂となった。